京都大学ポータルサイトサイトマップ問い合わせright

談話室

ホーム > 談話室 > 全学共通科目・総合人間学部 > 総人理系について

総人理系について


Ω 2003/09/23(火) 10:12:09
なにやってるかよくわからないんですけど
3回生、4回生からは普通の理系学部みたいに
専門について、研究をするんでしょうか?
それとも、3回、4回も「総合的に〜」
と、いろんなことをやってるんですか?

G・マグナム   2003/09/23(火) 22:22:38
研究室配属は、専攻にもよるが3回後期から4回あたり。そこでの研究は別に「総合的」でもなんでもないでしょう。総人が「総合的」なのは、それまでの単位あつめの段階です。まあ「総合的」っつーか、締め付けがゆるいから総合的にもできる、ってだけなんだけどね。
まあ、あと一応副専攻ってのがあるから、副専攻研究とかしてる人もいる。

Ω 2003/09/25(木) 23:55:30
ありがろうございます
3回からの研究はどんなジャンルなのでしょうか?
理学部、農学部、工学部だと、どれにちかいですか?

G・マグナム 2003/09/28(日) 03:15:41
じゃあいちおう私のときの理系の専攻を簡単に説明しましょう。なんか最近また系とか増えたので不正確な情報だが。
基礎科学科っつーのが、数学と、物理と、人間情報論やったかな?3つめのはよく知らないんだが、心理学っぽいことを計算で解析するとこなんかな?
自然環境学科は、化学と、地学(地球)、生物と、あと環境適応論てのがあって、運動科学や、神経科学をやるところ。
 長々と書いたが、結論は、ぶっちゃけ理学部。

「総合」は夢幻 2003/10/13(月) 06:27:31
実際は理学部の小型版があると思えばいい。
一般のイメージと違って中には優秀な学生もいるし、
OBで今研究職についてる人も結構いる。

ただ如何せん、存在感がないなあ。

理系ですが、 2003/10/13(月) 12:18:29
>一般のイメージと違って中には優秀な学生もいるし、

一般のイメージってそんなもんなんですか・・・・
(´・ω・`)ショボーン

hoge 2003/10/17(金) 16:23:03
今は総合人間学科のみ。
系はこれまでの学科がほぼそのままランクを下げたようなもの。
数学専攻はなくなった。
どんな研究があるかはウェブサイトを見ればわかると思うが…。

自分が理系だと思うなら総人には行かないほうがいいかもね。

もと総人 2003/10/27(月) 15:46:51
環境適応論(運動科学みたいの?)や人間情報論(認知科学?)は総人独自といえなくもない。
それ以外の物理、化学は理学部にも有るけど、
総人の方が所帯が小さいため実験スペースが比較的広く、
実験機器を他人と奪いあうことなく使えるのが利点。
(研究室によってまちまちだが)
ただ、全般的にマターリしているから、
「ハードな研究室で揉まれたい」という人は始めから理学部(むしろ工学部か?)に行ったほうがいいかも。

2009/05/25(月) 20:56:25
生物系はどうなの?

いぬ 2009/05/28(木) 19:49:40
学部のころはどこでも変わらないよ。
しっかり勉強するかどうか。

さる 2009/06/03(水) 13:52:50
そうね

B 2009/06/03(水) 23:19:37
出してる論文を見ればわかる
総人はしょぼい

以上。

2009/06/05(金) 13:24:27
院生まで加味した研究者で割ると、たいして低い数ではない、という統計があります。
もちろん分野や研究室による差はありますが。

あと、論文は数ではなく質で勝負するものですけどね。

2009/06/09(火) 00:08:41




2009/06/12(金) 12:51:07
数学専攻、あるけどw

2009/06/17(水) 14:40:34
高校教師は研究者として二流でも教育者として一流な人はたくさんいますが、総人にもそういうことが当てはまりますか?

2009/06/18(木) 23:35:23
京大の平均と変わらないと思う
客あしらいはうまいかもしれないけど
(カマタ某のように研究者として、、、、)

2009/06/20(土) 18:03:54
かまた、って火山の先生?
評判悪いの?
地学って何をやってるかよく分からないけど。

2009/07/01(水) 13:29:11
1回生の実験は楽しいらしい>地学

追加発言
お名前
(ペンネーム可、全角15文字以内で入力)
固定HNパスワード
メールアドレス
(省略可、半角で入力)
cookie←ここまでの情報を保存するときはここをチェック。
発言
ホーム > 談話室 > 全学共通科目・総合人間学部 > 総人理系について